お問い合わせ・ご予約はこちらまで

054-628-0070

理念・ミッション

理念・ミッション

最期まで自分らしく生きるを増やす 最期まで自分らしく生きるを増やす

お客様が高麓の各サービスを利用され、心地よく暮らしていただくために、一番大切にしているのは「“最期まで自分らしく生きる”を増やす」というキーワードです。
認知症になっても、お身体が不自由になっても、「自分らしくある」、「やりたいことを諦めない」、「楽しみを見つけていく」。
介護の「力」で最期までその人らしく「生きる力」をつけ、幸せを追求することをサポートしていくことが私たち高麓の役割です。

経 営 理 念

この施設は、人は生を受け成長し、多年にわたる社会への貢献・地域を支え、国を支えて、やがて一生のうちの高齢期に至ることに鑑み、この人達に何をもって報いるかを考え、この施設を利用するすべての人々の幸せを考えて奉仕と博愛の精神をモットーに経営にあたることを本分とする。

運 営 訓

一、利用者のため、利用者の側に立った施設であること

一、人に優しく、笑顔のたえない快適施設であること

一、高齢者には、いたわりと尊敬の念を持って接すること

一、自助努力を怠らず、常に前進を心掛けること

一、人とのふれあいを大切に、安心してやすらぎを持って暮らせる施設とすること

高麓のミッション
“最期まで自分らしく
生きる”を増やす

それは「最期まで自分らしく生きる」ことを支援していくこと、介護が必要になっても「生かされる」ではなく「生きる」を支えることです。

認知症になったから、体が思うように動かなくなったから、だれかの手を借りなければ暮らしていく事が難しくなったから、だから諦めなければいけない・・・わがままを言ってはいけない・・・?
そんな事はありません。
孫の名前を思い出せなくても、今いる場所がわからなくなっても、体が思うように動かなくても、本当は誰もが最期まで自分らしく生きたいと思っています。
そして私たちは、全ての人に最期まで自分らしく生きて頂きたいと考えています。

高麓の介護の歴史の中でのエピソードの一部をご紹介します。

“最期まで自分らしく
生きる”を増やす

片道3時間の墓参り

「山梨出身でお墓が向こうにある。死ぬまでにもう一度いきたいけど無理だよね」 高麓に入所されて間もない84歳のお客様がおっしゃいました。

その方は自宅に居た頃から体を思うように動かすことができず、痛みの為に10分と座っている事が出来ませんでした。

山梨のお墓までは、片道3時間はかかりそうです。

認知症になったから、体が思うように動かなくなったから、だれかの手を借りなければ暮らしていく事が難しくなったから、だから、諦めなければいけない・・・わがままを言ってはいけない・・・?

そんな事はありません。
孫の名前を思い出せなくても、今いる場所がわからなくなっても、体が思うように動かなくても、本当は誰もが最期まで自分らしく生きたいと思っています。
そして私たちは、全ての人に最期まで自分らしく生きて頂きたいと考えています。

「なんとしても墓参りの夢を叶えたい」
まずは10分しか起きられなかった時間をスタッフがお手伝いしながら伸ばしていきました。
15分、30分、1時間、2時間、3時間と起きていられる時間は少しずつ増えていきました。
そして、お墓までの道のりを調べ、ご家族の理解と協力を得ながら思い出のお墓参りの計画を立てていきました。

半年後、そのお客様は山梨のお墓の前で手を合わせていました。その傍らで高麓のスタッフも静かに手を合わせました。

わたしたち高麓のミッションは、全ての人が最期の瞬間まで「自分らしく生きる」そんな社会の実現の為、価値ある介護サービスを創造していくことです。そして高麓に関わる全ての人の幸せに貢献していきます。