出前講座

出前講座は、地域の皆様の安心の暮らし、自分らしい暮らしに貢献することを目的に、介護保険や介護、健康に関する講座を高麓の職員が実施させていただく取り組みです。会場の用意だけしていただければ、専門職である介護福祉士や看護師、管理栄養士等が公民館や公会堂に出向いて無料で講座を開催させていただきます。
ご興味を持っていただいた方は以下の講座メニューから選択していただき、お申し込み下さい。お申し込みの際は5名以上の参加者予定者及び会場(焼津市内)の用意をお願いします。

[出前講座メニュー]

1.車いすへの移動と介助

高齢者が寝たきりになる原因として、転倒による足の骨の骨折は大変多いです。寝たきりの状態が長く続くと肺炎になりやすくなったり、全身の筋力が低下したり、気力が低下したりと元の暮らしに戻る事が難しくなっていきます。ですから出来るだけ早く、車いすに座れるようになることが大切です。しかし、車いすへどうやって移るの?介助方法は?車いすの操作は?知っている方は少ないのではないでしょうか?しかも骨折はある日突然起こります。その日は明日かもしれません。本講座では車いすの種類や操作方法、介助方法までお伝えします。

2.介護保険を利用するにはどうしたらいい?どう使えばいいの?

 介護保険制度は2000年に開始されましたが、3年毎の改正により、複雑さを増しています。使えるサービスの種類もどんどん増えています。介護サービスを利用する人もご家族も自分らしい暮らしを送っていく為の介護保険サービスの利用開始方法や、効果的な利用方法、情報収集の仕方等を本講座では紹介します。 

3.ベッドからの起き上がり、立ち上がり

ベッドから起き上がる事、そして立ち上がる事は行動範囲の広がりだけでなく、気分や気力にも大きく影響していきます。しかし、介助の負担も多い動作です。少ない力でベッドから移動する方法、介護便利アイテムの使い方等を実技を交えてお伝えします。 

4.認知症とは?

認知症とは、記憶力や判断力が低下していく病気です。焼津市には認知症の人が約3,800人いらっしゃいます。市内の65歳以上の人の10%にのぼり、誰しもが認知症になる可能性があり、身近な病気です。認知症になると記憶力の低下などから、日常生活に支障がでてきます。それが周りの人に理解されずに、不安な気持ちを抱えている方や、ご家族が多くいらっしゃいます。しかし、周りの人の適切なサポートにより、認知症の症状や、認知症の人の生活は大きく改善します。地域のみんなのサポートで不便ではあるけれども不幸ではない。安心した普通の生活を送る事ができます。そんな、認知症になっても安心して暮らせる町を目指して高麓では様々な活動を行っています。その一つが認知症の人をサポートする認知症サポーターを増やす認知症サポーター養成講座、認知症の人も、そうでない人にもやさしい地域を作るべく、本講座を受講し認知症サポーターになりませんか?

5.排泄介助の方法

排泄介助は介護の中でも大きな労力を伴うもの、また、ご本人も恥ずかしさを我慢しながら介助を受けるもの、しかし、排泄は人にとってとても重要なものです。すっきり排泄できると元気にもなるし、やる気も出ます。さらに認知症の症状の改善にもつながります。介助する側もされる側も負担が少ない排泄介助の方法をお伝えします。

6.高齢者の食事と栄養バランス

高麓では管理栄養士が、栄養バランスのとれた食事を考え、お客様に提供しています。また、食事も食べやすい形態や、自力で食べやすい食器など工夫されています。ご家庭でも出来る工夫や高齢者の栄養について管理栄養士がお伝えします。

7.ご高齢者に合わせたトレーニング法教えます

高齢者になると筋力やバランス機能が衰えてきます。さらに視力等も低下し転倒の危険も増していきます。転倒をすると骨粗しょう症の疾患を抱える方は、骨折して寝たきりになる事も!転倒予防にも効果のある高麓デイサービスで好評の、高齢者にあわせた優しいトレーニング法をお伝えします。

 

出前講座では、高麓の職員が会場までお伺いし講座を開きます。

  お申し込みはこちら

 お電話でも受け付けておりますので、お気軽にお声かけください。
                         054-628-0070

 

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

こうろくのブログ